翁(おきな)|5号セット

翁(おきな)|5号セット

SKU: S00803

豪華結納飾りのセット

・5点セット 83,000円(松・竹・梅・鶴・亀)

(ふろしき5巾・1枚、毛氈・1畳が別に必要です。)

 

・7点セット 123,600円(松・竹・梅・鶴・亀・結美和・高砂)

(ふろしき5巾・1枚、毛氈・1畳が別に必要です。)

 

・9点セット 155,000円(松・竹・梅・鶴・亀・結美和・高砂・寿留女・子生婦)

(ふろしき5巾・2枚、毛氈・1.5畳が別に必要です。)

 

※台のサイズ 松、竹、梅、結美和、寿留女、子生婦、巾約23.5 x 奥行23.5 x 高さ9 cm

       鶴、巾約36.5 x 奥行16.5 x 高さ9cm、亀、巾約33 x 奥行12 x 高さ9 cm

       高砂、巾約42 x 22.5 x 高さ9 cm、目録、23.5 x 23.5 cm

※松の高さ 約43cm

 

ふろしき、毛氈は、オプションとなります_別途商品一覧からお選びください。

  • 関西地方の結納について

    関西式結納は、西日本地域で使われます。近畿、中国、四国では多くの場合、 男性側から女性側へ贈るだけのもので、「結納を納める」と表現します。 京都、兵庫、山陰地方の一部では、女性側から男性側の一回り小さい結納飾り、 あるいは納められた結納飾りの紙の色を赤から青に変えて、 男性側へ「袴地料」として贈る習慣のところもあります。
    関東式に比べ豪華な結納飾りを用い、それぞれ独立した白木台にのせて飾ります。 品数は必ず奇数とされ、基本は5点(松、竹、梅、鶴、亀)で、7点、9点というのが一般的です。 結納品の中心になるのが、いわゆる結納金を包んだ金包で、「小袖料」「帯地料」「宝金」と呼ばれます。

  • ご注文上の注意

    ご注文を頂いてから約3週間程で検品の上、発送致しますが、天候等の影響で遅れる可能性がございますので、結納予定日の1週間前迄にご自宅に納品の上、予め商品の設置確認、検品をお願いいたします。

    ご注文いただきましたら、メールにてお届け先の住所等の確認の為のフォームをメールにてお送りさせて頂きますので、ご入力の上送信くださいませ。

¥83,000価格
結納飾り点数